トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

いびつな矢板市長選


- いびつな矢板市長選 -

4月12日投開票の矢板市長選。
現職市長の斎藤淳一郎氏と市議・前議長の和田安司氏の一騎打ち。

斎藤淳一郎氏は旧みんなの党出身で、前自民党出身の青木克明県議が味方。

和田安司氏は自民党・公明党推薦で、旧民主党系の議員が応援する。

下野新聞では『市民党』と与党支援としているが、辛酸を嘗めさせられている
一市民としては、利害関係だけで繋がったいびつな関係にしか見えない。

yami.jpg

一斉休校で教育の現場で大変だったようだ


- 一斉休校で教育の現場で大変だったようだ -

 珍しく矢板市がテレビで報道された。
矢板市長だけが目立ったが、実際に苦労したのは教育現場の長だったようだ。
猛反対を説き伏せて、土日を登校日にして3月2日から一斉休校にしたお陰で
各種の準備ができたようだ。

 中国への忖度を込めたインバウンド優先とクルーズ船の対応により傷口を広げ、
広範囲な感染を引き起こしてしまった結果だろう。

 実害を被るのはいつも下の者。
三権分立も風前の灯。
これでは地方の公務員の不正はさらに止まりそうにない。


oshirase_kyuukou.jpg

2019年公務員「腐敗度ランキング」日本は20位


- 2019年公務員「腐敗度ランキング」日本は20位 -

 2019年の世界の公務員の腐敗度ランキング
「CPI(corruption perxeption index)」
が発表された。
https://www.transparency.org/cpi2019

2016年に20位に落下し、腐敗解消の流れは感じられない。
https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-16.html


money_dangou.jpg

杜撰な新型コロナウイルス対応


- 杜撰な新型コロナウイルス対応 -

 ニュース等を見ていて危機管理体制の不備を感じた人は多いと思う。
陽性反応が出てしまうと後の仕事に差し支えるから検査をしなかったとか、
インバウンドによる収入が減るから入国規制を緩くしているとか・・。
傷口を広げているとしか言いようがない。

 新型コロナウイルスが疑われる場合は、都道府県毎の広域健康福祉センター
及び保健所等の相談窓口に相談が必要。
栃木県の場合は、以下を参照。

http://www.pref.tochigi.lg.jp/e04/welfare/hoken-eisei/kansen/hp/shingatakoronavirussoudannmadoguti.html


souji_goggle_tebukuro.jpg

敗訴率が高い行政訴訟でなぜ闘うのか


- 敗訴率が高い行政訴訟でなぜ闘うのか -

 被告の行政側に非があっても原告の敗訴率が限りなく100%に近い行政訴訟。
それでもなぜ闘うのか?
良心と気概があるからだろう。
https://www.lec-jp.com/h-bunka/item/v236/pdf/200402_28.pdf

saiban_futouhanketsu.jpg

 公務員全てが不正に関与している訳ではない。
今般も真面目過ぎる内閣府への出向職員が理不尽な事由により生涯を閉じた。

kokkai_touben_taido_warui.jpg

 また、経産省の若手キャリアの中途退職が話題になっていた。
平和ボケし過ぎ、時々刻々と変化する国際情勢を頑なに無視する先生方に愛想
をつかしたのかもしれない。
残業手当も予算内配分、国会待機は酷国待機。
身も心も擦り減らす。
それに比べて脳天気な地方の公務員。



プロフィール

yaiya

Author:yaiya
栃木県矢板市の一住人です

リンクフリーです。
コメント返しはご容赦を。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

PVランキング

ランキングに参加しています

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者数

検索フォーム

リンク