他人の不祥事によって被る迷惑なトラブル

法令遵守の法令遵守の観点で疑念を持った栃木県の地籍調査と筆界確定の実態を中心に公務員等の不祥事によって被る実害と対策可否について掲載
他人の不祥事によって被る迷惑なトラブル TOP  > 

役所職員の不正に関する通報窓口

 市町村役場に役所職員の不正に関する通報先を設けている例が多い。
いわゆる公益通報窓口。

     mark_police_tsuuhou.jpg
3_kantou2__tochigi.jpg

 しかし、例えば、市長自らが職員と一体になって不正に絡んでいる場合、市に設けられた
公益通報窓口が機能するとは思えない。
市長が当該業務のプロである場合は特に。
[ 2019年07月15日 16:30 ] カテゴリ:コンプライアンス | TB(-) | CM(2)

公務員不祥事防止策は機能しない

 公務員の不祥事が公衆に知れ渡ると謝罪会見や不祥事防止策が発表される。
公務員の不祥事防止策を作成している地方公共団体は多い。
それだけ公衆に知れ渡ってしまう不祥事が多いことを物語っている。

 しかし、再発のニュースが良く流れてくる。
2018年12月28日付け千葉日報の
『公務員の不祥事の記者会見では謝罪の言葉とセットで「信頼回復に努める」と発せられる。
 だが、一度失った信頼はそう簡単に回復できない。
 新しい年は、県民の期待に応える教職員、警察・消防職員らの活躍で紙面を埋め尽くしたい。』
との一文が代弁しているように感じるのは気のせいだろうか?

sennin_kuchu_fuyuu_tsue.jpg

 某知事が「許可」についてツイートしていたが、「本来は禁止されている行為を法律の範囲で許すこと」
であって、反証は許しを請う者が行うべきこと。
日本の一部公務員にも問題を感じるが韓国のそれは異次元のレベル。
[ 2019年07月10日 19:47 ] カテゴリ:コンプライアンス | TB(-) | CM(0)

市町村合併の失敗

 平成の大合併に乗り遅れないように合併を進めた結果、全国の市町村は約3,200が約1,700に減った
と言われている。

 公的な報告書では成功事例を強調していることが多い。
栃木県の報告書も同様だった。
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/a02/pref/shichouson/gappei/documents/gappei_honpen.pdf

money_tokeru_yen.jpg
 
 しかし、住民サービスが低下しているという声を耳にしたこともあるし、『市町村合併 失敗』で検索する
と失敗の原因が見えてくる。

[ 2019年06月30日 15:57 ] カテゴリ:その他 | TB(-) | CM(2)

行政機関と公務員による不祥事は訴訟によっても解決し難いのが現実

 これまでにブログに掲載した事項の一部に加筆し、ブログの一部を纏めた。

 組織内での内部通報は一般に弊害が多いが、外部通報にもリスクがある。
しかし、行政機関や公務員の不祥事に限って言えばさらに劣悪。
 なお、議員も特別職の公務員だ。

warumono.jpg


A.行政機関及び公務員は清く正しく機能していないのが実態
1.公務員の不祥事は後を絶たない
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

2.地方公務員の汚職の実態は市町村ほど酷い
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

3.公務員犯罪も多い
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-17.html


B.日本の公務員と政治家のクリーン度は先進国とは言えない低レベル
4.日本の公務員と政治家の腐敗認識指数が悪化を辿っている
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-16.html


C.公務員は不祥事を起こしても罰されにくい
5.公務員は不祥事もし放題?
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

6.地方公務員の懲戒処分は氷山の一角に過ぎない
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-21.html


D.日本は行政や公務員の不祥事から国民や市民を守る企業・団体の活動は低レベル
7.行政機関や公務員の不祥事に対して大手?マスコミはほぼ動かない
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

8.行政機関や公務員の不祥事に対する行政訴訟の大きな問題点は誤った性善説信奉に起因する
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

9.公的なオンブズマン制度はあるが、過去に問題が暴露されて設立されたものが多い
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

10.栃木県のオンブズ団体は名目上存在するだけのものとのコメントもある
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-20.html


E.行政組織や公務員の不祥事は行政訴訟でも解決し難い
11.行政裁判所
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-22.html

12.公益通報者保護法があっても組織内部から通報することは稀であって期待できない
 =公務員とは自らが所属する組織(村社会)を守る生き物であることが多いから
 https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-23.html


 以上のように国民・市民を苦しめる行政機関・公務員の不祥事を断罪することは難しい。
現時点で良い解決方法は思いつかない。
もし、良い方法があるのであればお知らせ頂きたい。
[ 2019年06月24日 20:10 ] カテゴリ:コンプライアンス | TB(-) | CM(0)

日本における行政訴訟の問題点(加筆)

 過去記事に対して一部加筆した。

 日本を本当の法治国家にするために活躍されている弁護士・阿部 泰隆先生のホームページを
見ていて、なるほどと思った。

-なるほどポイント-
①裁判所も、役所と争うのはクレーマーではないかと疑惑の念で見ることが多い。
日本で行政訴訟は勝ち難いので、公務員(役人)は安心して、確信犯で違法行為をする

 他国での行政訴訟では市民の勝訴率が結構高いとのこと。
訴訟案件で、公務員(役人)のやることは違法であることを裁判所に分かってもらうために苦労して
いるようだ。
行政法の研究者ですら、役所のやることは滅多に間違いないと思い込んだり、役所のごまかしの
お先棒を担ぐ人もいるそうだ。

  warumono.jpg

 公務員(役人)が違法行為し放題のままで先進国とは恥ずかしい次第だが、それに相乗りする者
もいるだろう。
犯罪者たち。
[ 2019年06月18日 16:00 ] カテゴリ:コンプライアンス | TB(-) | CM(0)
プロフィール

yaiya

Author:yaiya
栃木県の一住人です

PVランキング
ランキング
ランキングに参加しています
クリック頂ければ有難いです
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者数
検索フォーム